転職

「人間関係が原因で職場を変えた方が良い人のパターン」転職経験者が語ってみました

  40,279 views 

笑顔

実は僕も転職経験がありまして、転職をした結果凄く良かった事が複数ありました。

だからもし「転職しようか悩んでいる」って人がいたら僕は「転職してみるのも手だよ」と心から伝えたいです。

今回僕が言いたいのは「人間関係が原因で職場を変えた方が良い人のパターン」です。

このパターンの人は職場を変えた方が良いなと思うので、それについて書いておきます。

スポンサーリンク

職場に嫌気が差していた

当時の僕は働いていた職場に嫌気がさしていました。給料面での不満は全くなく、むしろ「もらいすぎている」と思っているほどでした。

僕自身の仕事がそこまで上手く回っているわけでもありませんでした。自分に至らない点がある事も十分把握していました。

大して大きな会社でもなかったので、僕の上司なんて二人程度しか存在していません。ですがその二人に僕は嫌われていたのです。

人間関係が完全に破綻

上司との人間関係が破綻していました。それは僕にとって生まれて初めての経験でした。

これまで上司に嫌われた事がほとんどなく、どちらかと言うと可愛がってもらってきた立場でした。ですが上司が変わった結果、僕はどちらかと言うといびられる事になりました。

繰り返される嫌がらせに、いつ手を出してしまうかわからない状況にまで陥っていました。

当時を知る人に言われたんですが、僕は夜に眠ったまま壁を蹴飛ばして、とんでもない暴言を吐きながら暴れていたそうです。それだけのストレスを抱えていました。

会社全体に悪影響を及ぼしていた

僕の存在はもはや会社全体に悪影響を及ぼしていました。僕がいるせいで、僕の部下まで悪く言われるのです。

確実に上司は僕が嫌いなため「あいつの部下もダメ」と、僕の部下の人達まで悪く見ていました。その部下への申し訳無さもあり、僕は「僕は会社にいない方が良い」と確信を持つようになりました。

人間関係はどこでも変わらないのでは?と不安に

正直人間関係で失敗すると「仮に職場を変えても一緒なのでは?」と自分でも不安に思いました。

人間関係が破綻していたのは事実です。もう僕の事を嫌いな上司が、他の重役にも「アイツはダメだ」と言いふらしているので、全員が僕をそういう目で見ていました。

有る事無い事言いふらされていたようで、その結果僕が何を訴えても全部ダメ「アンタが悪いんだからアンタがしっかり仕事すりゃええ」としか言われませんでした。

本人と話そうかとも思いましたが、明らかに拒絶して提出物も毎回無言で受け取り、受け取ったら不機嫌そうに机に放り投げるような人だったので、もう我慢の限界でした。

ここで殴って警察沙汰になるよりは、辞めた方が自分にとっても得だなぁと思ったので、辞める事にしたんです。

何よりもう修復出来るとは思いませんでしたし、僕自身が「この人と仕事したくないし、顔も見たくない」って思ったからです。

その辺りで会社を辞める事を決意しました。自分がいる事で会社にマイナスを与えるのなら、僕は存在する意味がないからです。辞める事を社長に話して、辞めさせてもらいました。

職場を変えた効果

次の仕事もすぐに決めて、僕は晴れ晴れとした気持ちになりました。

そして改めて全く違う上司に囲まれ、また1から人間関係を築いていったんですが、そこで感じた事が「結局は相性がすべてなんだな」という事でした。

尊敬できる上司の下で怒られても平気に

僕は基本的に能力が高くありません。だから新しい職場に行くと結構怒られます。ミスも多い方です。

でも僕は新しい職場では怒られても苦じゃありませんでした。それは何故かと言うと、上司が尊敬出来る人だったからです。

怒られても「次頑張ろう」と思えました。だからガンガン頑張る事が出来たんです。どれだけ怒られても、どれだけきつい仕事でも、嫌になる事はありませんでした。

それはやはり相手が僕の事をしっかり見てくれていたからです。話したら話しが通じることがこんなに素晴らしい事だとは思いませんでした。

謝罪した際に「次から気をつければ良いんだ、頑張れよ」って言われるだけの事が、こんなに嬉しいんだなと…自分がそれまでいた環境がどれだけ劣悪だったのかを実感しました。

相手の人が自分を見てくれているなら、多少怒られても平気なんですよね…。

人間関係は相性が総てなのでやり直せる

人間関係は結局相性が総てです。合わない人とは絶対に合いません。

上司がコロコロ変わる会社なら良いかも知れませんが全然変わらない会社の場合、上司とそりが合わなかったらその会社にいても不幸になるだけです。

だから僕は転職をしてみて本当に「人間関係で失敗しても、次の職場でまた失敗するとは限らない」事を実感しました。

だから別の会社に行ってみるのも手だと思うんですよね。

人間関係で失敗する際に「相手との相性が悪かった場合」ですが、転職をしたら一気に改善される可能性もあるって事です。

スポンサーリンク

人間関係で失敗した際に気をつける事

僕みたいに人間関係で「仕事を変えたい」と思った人に言っておきたいのは「どこでもその問題が起きているのかどうか」です。

自分に原因がある証拠とは?

例えば「どこに行ってもいじめられる」「どこに行っても嫌われる」という人は、確実に自分に原因がある人です。

要するに「どこでも同じ目にあう」って人は、どこでも相手にそのような対応をさせているわけですから、何かしら自分に原因があると思った方が良いです。

卑屈な態度を取っているのか、相手を苛立たせる言動をしているというわけです。

その場合は職場を変えても、相手が変わっても一緒ですよね…改善される可能性は低いと思います。

だから「自分に原因があるのか、相性が悪いだけなのかわからない」って人は「どこでも同じ目にあってきたか」を考えてみると良いと思います。

この場合は自分自身に何かしら変化をつけないといつまでも変わらないと思います。

職場でだけの問題ならば転職した方が良いかも

その職場にいる人とだけ完全に衝突していて、人間関係が完全に破綻している場合は、僕みたいに転職するのも手だと思います。

僕の場合は「これまでここまでこじれたことはなかった」ってぐらいのこじれ具合だったので、転職して正解な感じでした…。

元々僕が「めっちゃ好かれるかめっちゃ嫌われる」の極端人間なので…僕みたいなタイプの人はすぐに職場変えた方が良いかも知れませんね…ただある程度の周期で直属の上司が変わる場合は、無理に転職せずに頑張るのも手です。

人間関係で転職した方が良い人のパターン

まとめに入りますが、僕が考える「人間関係で転職した方が良い人のパターン」ですが、やっぱりこれです。

その職場でだけ極端に過去に例がないぐらい嫌われている場合

これですね…どこでも同じように嫌われている人の場合は、自分を省みた方がたぶん早いので…そうでないとどこに行ってもまた同じように嫌われて同じ事で悩む事になりますから…。

ただ本当に「もうこの職場イヤだ…」って心から思っている人は、転職した方が幸せになるよなぁ~とは本当に思います。僕がそれでかなり気楽になったので…。

やっぱり合わない人、合わない職場でずっと仕事してても良い事なんて絶対ないですよ。

職場を変えて心機一転を

1
転職サイトのオススメは最大手のリクナビNEXT

「今の環境がもう嫌だ」「仕事を変えたい」「もっとお金が欲しい」と思って貴方が転職 ...

スポンサーリンク

-転職