メンタル

どれだけ先輩に学んでも実際に経験しないとわからない事って沢山あるよねって話【愚者は経験から学ぶ】

2016/03/04  3,317 views 

愚者は経験から学ぶ

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」って言葉は有名ですね。だってバカな僕が聞いた事があるぐらいだもん。

でもこの名言って総てにあてはめちゃいけないって僕は思うんですよ。

僕が愚者だからかも知れませんが、それでも僕は「経験しなければ理解する事は不可能」だと思っています。

今回はとりあえずそんな話をしたい。結論的には「グダグダ言う前にとりあえずやってみろ」って話です。

スポンサーリンク

人の話を聞いただけではわからない

身近に物凄い経験を積んだ人がいると、様々な話を聞く事が出来る。その人から話を聞いていると「そんな世界もあるのか」と様々な刺激を受ける事が出来ます。

海外wp飛び回っている人、ドイツで仕事をしている人、自ら起業して株式会社を経営してる人、月に数百万稼いでる人、ちょっとヤバイ世界に足を踏み入れてる人、色々な人の話を聞くのは楽しいですよね。

例えば本を読んだだけでも、そういう「凄い人」の話を垣間見る事は出来ます。自伝みたいなのを読めば思考法も書いてあるし、自己啓発本でも読めばまた似たような体験も出来るかも知れません。

でも僕はそれだけで「わかったつもりになってる人」って一番危ないと思うんです。

それ少し前の僕です。いつもの事ですが。

それは自分が30代のおっさんになって色々な事を経験したからこそ思うんです。

見える景色は人によって変わる

どの風景にせよ、感じ方は十人十色なんですよね。

会社を作ってそこの社長になって際に感じる事、月に数百万を稼げるようになってその時に感じる事、結婚して子供が産まれて家族を眺めた時に感じる事、すべて人によって思う事は違うと思います。

特に結婚をして感じる事なんて、各々全く違うと思います。だから一人の意見なんて全く参考にならない。

様々な人から情報を得て、統計的に見て初めて意味があると思う。

更に言うと、自分がどのパターンに当てはまるかなんて、やってみないとわからない。ある程度の予測は出来るけど。

実際にその場にならないとわからない事が沢山ある

僕は結婚をした時やする前に「こういう事で苦労するよ」「どうせ喧嘩ばかりするよ」「嫁に邪魔者扱いされるよ」「どうせそんなの最初だけだ」「嫁の親との関係に苦労するよ」と、沢山の先人からアドバイスを受けました。

大半があてはまりませんでした。

嫁の親は良い人だし、嫁は邪魔者扱いしてこないし、喧嘩もしないし、年月が経つ程に新婚の頃以上に奥さんは色々な事をしてくれるようになった。

先人の意見は参考にはしましたが、参考にした上で改善点を考えて配慮した事で、僕は結婚生活が上手く行っているように思います。

そして先日書いた記事でも似たような事に触れましたが「親にならないとわからない事がある」ってのを、先輩連中に昔からよく言われましてですね(笑)

当時はやっぱり「何を言ってやがるおっさんども」と思ってきましたが、やはり実際に親になって実感するのと「親になったつもりで考える事」には大なり小なり違いがあります。

こういう事を書くと「結婚しないとその程度の事もわからなかったの?」と突っ込まれますが、僕はバカなのでわからなかったのです。

「実際にその立場にならないとわからない事がある」と、僕は新しい事をする度に実感しています。

店側の心理は実際に運営しないとわからないし、客側の心理も実際に客にならないとわからない。

会社側の心理も経営者にならないとわからないし、社員の気持ちも実際に就職しないとわからないでしょう。

上司の気持ちは部下を持って初めて実感する。部下の気持ちはまた上司を持って初めて実感するものだと僕は思っています。

また人間ってのはすぐに忘れちゃう生き物なので、上司になると部下の頃の気持ちを忘れたりもしますよね…。

これは親子でも同じ事が言えると思います。

結局自分で経験しないと本当の意味では理解出来ない

人生の中で最も悩むのは、男性としてはこの辺りだと思います。

  • 受験
  • 就職
  • 起業or転職
  • 結婚
  • 子育て関係

結婚しないなら最後の2つはないかも知れませんが、最低でも受験や就職では悩むと思います。

その際に先人の意見を聞きたくなる事もあるでしょう。

簡単に言うと「進路で悩む」って所ですね。

それでも結局「やってみないとわからない」と思うんですよね僕は。

特にここでやっちゃいけないのは「やった事がない人に聞く事」起業した事がない人に「起業したらどうなるか?」なんて聞いても無駄じゃないですか。

結婚した事がない人に「結婚しようと思うんだよね」って聞いてもわからんわけですよ、結婚した事がないんだから。

結局全部想像で言う事しか出来ない。しかも上記したように「先人が感じた事と同じ事を貴方が感じるかはわからない」わけなんですなぁ…。

先人を参考にしつつ経験から学びたい

あくまで「僕はこう思う」ってだけですが、先人を参考にしつつ経験から学びたいと思っています。

結局最後は経験からしか僕は学べません。先人からの意見やアドバイスは参考にはしますが、その上で「実際にやってみないとわからない」って本当に思います。

だから結局はやってみたいと思った事はやった方が良い。

経験上、失敗しないと学べないしそこからしか成功した試しがないんですよね…。

たまに運が良いと一発目から成功する事もありますが…まさに結婚がたまたまそうなんですが、これは先人の意見を参考にしつつ「そうならないためにはどうすれば良いか」を考えた結果だと思ってます。

基本的に「やりたいならとりあえずやってみて、それでダメなら修正をすれば良いじゃない」って考え方で生きてます。

実際にやってみないとどういう問題が起こるか把握できないし。どれだけ人の話を聞いても、本を読んでもそれは変わらないです。

もちろん事前に知識を得ておくのは大事だと思いますけど、それでもやり始めないと本当の意味では理解できないと思う。

だって先人がやった方法を全く同じようにやっても、やる人によって結果は違いますからね…能力が全員同じなわけじゃないんで…。

だからあくまで先人に学びはするけど参考程度に収めておく方が良いと思う。もちろんやってみた結果「ああ、正にその通りだ」って思う点があれば、まさにそれを参考にすれば良いわけですし。

でも理解者からのアドバイスは聞いた方が良い

知人にかなーり凄い人がいるんですが、その人が「でろりんはこういうタイプだから、これやってみた方が良いんじゃないの?」ってよくアドバイスをくれます。

しかし僕は頑固なので「とりあえず自分が思った方をやってみてからにするわ」と返すようにしてます。

だって完全にアドバイスに従ってたら、その内彼のアドバイス無しでは生きていけなくなりそうだからね。

でも最終的に「彼が言ってたのを試してみるか」と試すと、結構上手く行ったりするので「理解者からのアドバイスは聞いた方が良いね!」と毎回思ったりするのでした…笑

ってわけで、明らかに自分より知識がある人で、自分の性格やタイプを把握している昔ながらの知人などがいる場合は、素直に参考にすると良いのかも知れません…笑

僕の場合は友人がいつも適切なアドバイスをくれるので、その友人を信頼してますが、人によってはそれが恋人だったり配偶者だったり親だったりするんでしょうしね。

何が言いたいのか恒例で自分でもよくわからん感じになってきましたが、とりあえず「どれだけ予備知識を入れても、やっぱり自分で体験しないとわからない事が沢山あるよね」って話でした(笑)

一番無駄なのはやる前から「やってみたいんだけどなぁ~どうしよう~」って悩んでる時間だと僕は思ってます。

失敗した際によっぽど破滅的なダメージを受けるものでない限りは、やりたいならやるべきですよ。

職場を変えて心機一転を

1
転職サイトのオススメは最大手のリクナビNEXT

「今の環境がもう嫌だ」「仕事を変えたい」「もっとお金が欲しい」と思って貴方が転職 ...

スポンサーリンク

-メンタル